新着情報

大半の病気の原因は【血行不良】①

「エラブウミヘビ」(イラブー)の薬効は、現代のさまざまな難病に対して、まさに驚異的な効果を発揮します。

ひとつの食品がいくつもの病気に効果があるとは、いささか不思議な気がしますが、東洋医学の考え方でいくとその迷いが解けます。

東洋医学では、あらゆる病気の原因は【血行不良】、【血液循環】が悪くなっている状態にあるとして、それを【解消すれば大半の病気が治る】と考えます。

血液は、全身の細胞に栄養素と酸素を供給する重要な運搬ルートですから、その流れが悪くなれば、細胞の働きがにぶくなって、体が基礎から総崩れになり、その結果、さまざまな形で病気の症状があらわれてくると考えるのです。

「エラブウミヘビ」(イラブー)は、血行を促す。

エラブウミヘビ」(イラブー)の有効成分は、主に血液循環を高める作用に基づいています。 実際に「エラブウミヘビ」(イラブー)を摂取すると、血行がよくなって体が「ポカポカ」温かくなってくるのが実感できます。

エラブウミヘビ」(イラブー)によってとどこおっている血液の流れが改善されれば、全身の細胞に十分な【栄養素】と【酸素】が行き渡り、細胞の働きが活性化されます。

さらに脳の動きや内分泌系の働きも活発になって身体機能全般が改善されるので、さまざまな諸症状が一気に解消されるというわけです。

 

天然物医科学研究財団

 

カテゴリ:イラブー豆知識の投稿 | コメント(0)

ページの先頭へ